ウインドストッパー@楽天・ベランダからの子供転落事故防止グッズ

子供をベランダに出さないために

転落事故を防ぐ基本は、子供をひとりでベランダに出さないことです。外に出なければ、子供が転落することはありません。
 
ドアに鍵をかけてしまえば
 
という考え方もありますが、子供の手が届くところに付いている鍵では意味がありません。また、完全にロックしてしまうと、日常生活をする上で不便です。子供の手が届かない場所にある、必要な時はすぐに取り外せるロックのような物。このようなグッズがあれば安心・便利です。
 

サッシに取り付けるウインドストッパー

「ウインドストッパー」は、サッシに取り付けて、窓や引き戸の開き具合を制限するグッズです。取り付けや取り外しに工具を必要としないマジックテープで止めるため、かんたんに着脱可能です。この「ウインドストッパー」をサッシ最上部の、子供の手が届かない場所に設置して、子供がベランダに出られないようにしましょう。
 
この「ウインドストッパー」は、子供の転落事故防止だけではなく、マンションで犬や猫などのペットを飼育している場合にも有効です。ペットが誤ってベランダから転落してしまうことを防ぎます。
 
取り付けはかんたん。マジックテープを両面テープでサッシに貼り、そのマジックテープにプラスチック製のストッパーを取り付けるだけです。マジックテープなので、必要に応じて着脱可能。安心・安全と便利を融合させた安全グッズ「ウインドストッパー」は、楽天市場で購入可能です。
 

室内とベランダの危険を排除する

「ウインドストッパー」を扉のサッシに貼り付けて、子供がベランダに出ることを防げれば、ほぼ転落事故を防ぐことは可能です。しかし、その扉内外に危険因子があっては、せっかくの対策も意味がありません。室内とベランダを今一度見直し、危険因子を取り除きましょう。危険因子には以下のようなものが考えられます。
 
  • 室内の危険・窓や扉の近くに物を置かない
ベランダへ通じる扉、窓のサッシ近くに、子供の足場となるソファやベッドなどの家具、物が置かれていませんか?
 
  • 室外の危険・ベランダには、足場になるような物を置かない
ベランダにイスやテーブル、鉢、プランターなど、子供がちょっとした足場にできそうな物を置かないことは重要です。「ウインドストッパー」を設置していても、二重の安全策になります。
 

一番大切なのは「ひとりにしない」

保護者の皆様にとって、活発に動き回るようになった子供たちから目を離さないことは、なかなかかんたんなことではありません。ちょっとした隙に見失ってしまうことは、よくあることです。
 
しかし、油断により子供をひとりにすることは、子供の心理に与える影響が違います。
 
ちょっとコンビニまで(10分ぐらい平気だろう…)
 
この10分間、家の中にひとりになる子供の不安は、とても大きなものです。不安から親を探す子供の心を想像してみてください。
 

予防策を打つ、そしてひとりにしない

子供の転落事故を防ぐには、「ウインドストッパー」などの転落防止グッズ、そして扉や窓の周りに物を置かないなど、予防策を打った上で、子供を不安な心理状態にさせないことが大切です。小さな子供たちは、活発に動き回れても、危険そのものを理解する能力、そして危険に対する注意力は身につけていません。適切な予防策をとり、子供をひとりにしないことが保護者の責任です。
 
 
参考:子供のベランダからの転落に関する事故情報 https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h29/documents/29kyogikai-1_handout02.pdf